ワインに合う、旬の貝。はまぐりとホンビノスの違いって?

はまぐりとホンビノス貝ってどこが違うの?

という質問を良くいただくことがあります。そんな記事が「cafe globe」さんで紹介されていました。

今ではホンビノス貝は「白ハマグリ」という名前でいろんなお店で取り扱っていただけるようになりました。値段も安いので、ハマグリの代わりに!という方が大多数です。

お店でも海鮮系居酒屋、牡蠣小屋、浜焼き、BBQ、ラーメン店の方からもお問合せが増え、今年は千葉県船橋市の名産としてブレイクしそうです。

 

貝のおいしい季節が近づいてきました。なかでも、1粒に旨味が凝縮されたはまぐりは、お吸い物や酒蒸し、バター焼きなどいろいろな料理で楽しめます。

このはまぐりに似ているホンビノスが、最近、はまぐりに変わって利用されることが増えてきています。

今回は、食メディア「FOODIE」より、伊勢丹新宿店・東信水産の土方晃さんに聞いた、はまぐりとホンビノス、それぞのにおすすめの調理法を紹介します。

はまぐりは奥深い味、ホンビノスは濃厚な味

160402clam2.jpg

外来種であるホンビノスですが、ほかの貝類の生育環境に悪影響を与えないうえ、1年を通して手に入りやすいこともあって人気が高まっています。

でも「似ている」というだけで、それぞれ違った部分があり、味が活きる調理法も変わってきます。

「どちらもそれぞれ特徴的な味わいが楽しめるので、たとえばお祝い事の料理や、上品な出汁のうまみを楽しみたいときははまぐり、クラムチャウダーやパスタなど、たっぷり使って楽しみたいときはホンビノスなど、好みや用途に合わせて使い分けると楽しいと思いますよ」

FOODIE」より引用

貝そのものの味を楽しむ料理には、やはりはまぐりのほうが合うそう。

ホンビノスは、濃厚な味わいを活かして、和食より洋食に使用するとよりおいしさが際立つようです。

見た目は似ていますが、それぞれに個性があるはまぐりとホンビノス。

いろいろ試して、それぞれに合うワインも見つけてみたいものです。

http://www.cafeglobe.com/2016/04/053186clam.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です